So-net無料ブログ作成

岩波英知先生への批判 質問と回答 評判高い故のやっかみと無理解 [岩波先生に関するよくある質問]

絶賛も多いが否も一部にある 岩波英知先生のプログラム。どんな否定論者がいるのか?

絶賛する書き込みが圧倒的に多いものの、一部で、
首を絞める、頸動脈を圧迫する、失神させるということばかり目立つ。
サクラを使っているなど。

しかもそれを吹聴しているのは、多くが全く受けたことがない人間が書いている。
これっておかしくはないだろうか?
なぜ岩波さんに会ったことがない人間が批判するのか?
不思議でたまらない。
皆さんもそう思いませんか?


理由は想像するに単にやっかみだろう。
ネット上には、家でずっとできるという特性上、悩んでいる人、苦しんでいる人が、一日中ネットをしている。
リア充とは一番対極にある人達が多い(みんなそうではない。一部の人とだけ言っておきたい)
その中で、すごいと言われていて評判の高い先生の名を一度は目にするだろう。

そうなるとケチを付けたくなる。
その人達が、プログラムを受けて当事者になってしまえば、プログラムの常識はずれのすごさに圧倒されるのは間違いない。
はじめて全身で「すごかった!」と思うし、賛成論者の書いていることを納得するだろう。

私が「先生がマジですごい」と書いていることすら、受けていない人はムカつくことだろう。
だが、同じ人でも、受けてしまえばそんなことを言えなくなる。
実際にそうなのだから。

残念ながら、先生のプログラムはお金が高いし、分割ならともかく、一括前払い制度だ。
これはちょっときつい。
お金がない人にとっては、血の気が引く金額だ。
それに、一日中ネットをしている人は、養ってもらっているケースも多いだろう。
仕事をしている人も、そんなにお金はもらえていないかもしれない。

だから、すごく効果があってはいけないのだ。



あともう一つ、受けていないくせに勝手な噂を流している存在があるらしい。
先生の評判の高さが面白く無いのだろう。それは催眠療法や自律訓練法などをやっている心理療法士だったそうだ。
あるサイトでプログラムを批判し、N催眠療法をさかんに薦めている人がいたそうだ。

書き込みのIDで他にどういう書き込みをしているかわかるから調べた人がいたらしい。
そうしたらK県で催眠をやっているS氏だとわかったそうだ。

私も読んでみたが、他者を批判し、自分の催眠を節操無く勧めようとしているわけで、必死だなと思う。
決まり文句は『本当の催眠術を用いる、 N催眠療法であれば、一回から数回で改善できます』です。こればっかり書き込んでいる。

岩波さん
のせいで多くの催眠療法やカウンセリングを行うところが潰れたらしい。
みんな能力がある施術者がいるところと治りやすいところに行くわけだからしょうがない。
だが、悪意を持たれるだろう。
面白いはずがないし、自分たちのスキルとは比較できないほど優れたスキルを持つ人がいてはいけないのだ。

こういうことからも、有名税で悪評をばらまかれるのは仕方がないとはいえ、さすがに経験も体験も体感もしたことがない者が書き込むのは腹立たしい!
出る杭を打たれる。たしかに岩波さんの技術は衝撃を受けるものだ。
勘違いされやすいし、誤解されやすい。

しかし、岩波さんだから見えている脳内スイッチがある。
それを一通り体験してから、批判したらいい。
批判しようとしていたことが、的はずれだと思うだろうに。

 

失神させる、頸動脈や首を絞めることを実際にやっているのか?

意識がすごく変性して普通じゃない脳の状態になるための誘導法がある。
これが一番の賛否両論じゃないだろうか?
どんどん岩波さんの誘導技術も進化しているので、昔のような荒削りさはなくなってきたと言われているが、それまでに苦しい思いをしてしまった人がいるだろう。
とにかく大勢通ってきているから、中にはついていけなくなった人もいるだろう。

岩波さんのプログラムには極度に怯えやすい人も来ている。
防衛本能の固まりで、常に不安だらけで、絶対人に気を許さない。
そんな人が、一度その経験をしてしまうと、恐怖だけが増して、プログラムを受けられなくなるだろう。

私もその気持はよくわかる。
恐怖が出ない人間なんていないのだ。
それでも、その誘導法の先に、ものすごい意識の流れの世界が広がっている。
そこまでいったら、恐怖感も極端に少なくなるし、第一苦しくなく、ごく自然にトランスに入れるようになる。

それぐらい深い意識を味わえるようになると、悩み解決、自己暗示、プラス暗示も全部可能になる。
防衛本能も少なくなり、心地よさだけが全身を支配してくれる。
そこまで行かなくても、もう首を岩波さんに触れられることなく、変性意識に入れる。
よく書かれてあるように、自力でも意識を飛ばせるようになる。
誘導も鎖骨周辺や背中でも、意識が飛ぶようになる。
首の誘導なんて関係なくなる。
これは私がそれで深く入れるし、集団方式のプログラムであるから、それで入っている人も実際にたくさんいる。

触れなくても、別世界に入り込んでいく人もいる。
怖がることはない。
あくまで岩波さんの言葉【暗示】でそうなるが、自己暗示をかけてそうなっているとも言えるのだから。
強制的になるわけではない(端から見ると、簡単に操られていると思うかもしれないが)

これは訓練すれば皆なれる。
防衛本能が極度に強い人でも、そこまでいけば。
しかし、そこに一つの壁【恐怖心】があるわけだから、一度や二度は覚悟を決めて受けないと乗り越えられない。
恐怖だけが増してしまうから。
それでも我慢して通い続けた人が、参加者の誰より深い意識になれる例を私は知っている。

一度受けたからには逃げちゃだめだと思う。
逃げたら人生という試合が終了になってしまう。
どこに行っても何に頼っても、逃避グセだけがついてしまうから。

あと頸動脈を触ることなく、意識を飛ばせる技術を岩波さんは持っている。
興味本位で聞いたことがあったが、角度と感覚の技術で、トランスに一瞬で入れさせることができるそうだ。

別世界に入る前は私だって恐怖はなかったといったら嘘になるが、抑圧を浄化させて、プラス暗示を浸透させなければ、私には未来がないと思っていたから、弱音を吐かずに受け続けた。
そのうち、恐怖よりも興味のほうが湧いてきた。ドキドキしながらも。
人は変われる。
だから、そこで逃げて、恐怖感だけ募って来られなくなった人は可哀想だが、運命だったと思う。

そんな人はいい思いをしないだろうし、悪口を書くだろう。批判を書くに決まっている。

しかし、批判的な書き込みをしている人は、本当の高度過ぎる岩波さんの技術の価値を測れないのだ。
実際に深く体験した人も、毎回驚くし、ありえないと思う。
ありえないのだから、深くその世界に踏み入っていない人にとっては、もっとありえない。
だから、失神させているだけだと断定する。

そんなレベルの低い技術ではない。
岩波さんを舐めないでもらいたい。
どれだけ多くの人を、崖っぷちの苦境から救ってきたか。
通っている人の内面だけの救済だけじゃない。
抑圧が暴発して、事件を起こしてしまうぐらいギリギリに追い込まれた人間をも救っているだろう。
どれだけ社会貢献しているのか。

警察から犯罪予防の表彰を受けてもいいくらいだ。
私と話したことがある人が、「ここに通っていなかったら、事件を起こしていたかもしれない』と言っていた。
私だって、うまくいかなく時イライラして、社会の幸せな人間が悪くなったこともある。
抑圧と鬱憤が溜まりすぎていたからだ。
もっと溜まっている人が、抑圧できる容量を超えてしまった時、秋葉原通り魔事件の加藤某のように大暴発してしまう。
それを岩波さんは防いでいるのは確かだ。

岩波さんは知れば知るほど、本当に鬼才だと思う。
鬼才過ぎると言っていい。
だから、誤解が生じるんだろう。
もうちょっとスマートに誘導してもいいと思うが、人目を気にするような人ではない。
それは良いところでもあり、理解でいない人にとっては悪いところなのかもしれないが。

1コース10回で悩みが良くなる人も多いが、悩んでいる期間が長くて、怯えやすい人ほど、2コース必要だと思う。
もうこれは人それぞれとしか言いようが無いが、早い人は早かった。
数回で悩みがなくなったと言っている人もたくさんいたし、2コース目に突入している人もいた。
こればっかりは受けてみなくてはわからない。
だが、継続は力なりだし、一度この世界に足を踏み込んだなら、最後までやり遂げたほうがいい。

無意識世界において、先生の右に出るものはいないと本当に思うし、だからといって、無意識に貯めこまれた抑圧は、想像以上にすごいものがある。
それを抜き取って、深い一種の悟りを得て、心が楽になるまでには、たくさんの試練があると思う。

だから途中で諦めてはダメだ。
プログラムを深く理解したら、賛成派の人が言っていることがすべて真実だと思うから。
(ちょっと挑発的な文章になってしまった。失礼にあたったら申し訳ない。

最後にプログラムに合わない人、適応対象外のケースを書いておく。
人格障害の人、統合失調症の人、極度に怯えやすい人、社会的常識がない人、極度の男性恐怖症の人、とオフィシャルサイトには書いてある。
私は、それに付け加えて、他力本願で何の努力もしてこない人が向いていないことを言いたい。

治すのはあくまで先生の力を借りたとはいえ、自分だからだ。
うつ病だった私だが、私自身が直したという自負もある。
もちろん岩波英知先生にはとても感謝しているが。


こちらも参考になります。

神経症克服プログラムの真実!?

About 岩波英知先生の心理療法 From 体験者の視点

岩波心理脳内プログラム徹底ガイド

医師が見た岩波先生の技術と評判の真偽


カテゴリ

  • 私のうつ病体験記、克服体験談
  • 最初に読んでください【ブログの趣旨】
  • 岩波英知・Dream Art・DAL関連
  • 覚醒瞑想、脳覚醒プログラム体験記
  • 対人恐怖、視線恐怖系体験記
  • うつ病系克服体験記
  • 岩波先生に関するよくある質問

  • nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    岩波英知プレゼンツ心理脳内プログラムQ&A なぜ一対一がないか?[岩波先生に関するよくある質問] [岩波先生に関するよくある質問]

    岩波英知先生の一般向け心理脳内プログラムは一対一はなかった(上級特別層のプログラムにはあるそうだ。ただし限定された特別プログラムのため、普通の人は受けることはできない)。
    私もうつ病だったから、いくら岩波先生の評判を聞いていても、私の症状を把握しないで大丈夫なのか?という疑問があった。
    そりゃあそうだろう。
    カウンセリングも催眠療法も精神科もすべて個人でやるものだったからだ。

    しかもドリームアートのホームページには、オリジナルの進め方をすると書いてあった。
    集団でありながら、オリジナルとは?
    それは両立しないものではないか。

    しかし、岩波プレゼンツ神経症克服プログラム その感動のドラマ [私のうつ病体験記、克服体験談]にも書いているが、集団だからこその利点と、岩波先生の技術だからこそできる個人の内面に巣食う悩みルーツ処理も両方できる。

    そしてカウンセリングで話を聞くということを先生が重要視していないことも、最近よくわかった。
    最近の『岩波の言葉・講演集』にある【貴方の悩みが解決しない理由】に答えが書かれてあった。

    もし自分の悩み克服の行動が、一番最初岩波先生のプログラムであったならば、自分の悩みの症状を聞いてもらわなくても心配することはない。
    一番重要なのは、その悩みが生じるコアにある悩みの病巣(負の経験)なのだから、そこを破壊すればいい。
    病巣から派生する、さらゆる個別の細かな症状は、それによってすべてなくなる。
    枝葉ばかりに目を奪われると、一番大事な元の破壊ができなくなる。

    岩波先生のプログラムの特殊性、すごさに戸惑う人は多い。いいや戸惑わない人はいない。
    私も正直最初は戸惑った一人だったが、そういう人が一人でも少なくなって、不安が解消されればと願っている。

    話を聞いてもらって治ったのならば、私も一人で治すことができただろう。
    それぐらい私は自分のうつ病という症状について研究してきた。
    だが、治らない。治せない。どうやっても何をやっても。

    問題はそこじゃない。心の悩みは話だけでは治らない。
    感情、本能から治さなくてはいけない。
    そしてそれができる腕を持っていると言えるのが、岩波英知という男だろう。


    nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    岩波英知プレゼンツ心理脳内プログラムQ&A 岩波先生の本について [岩波先生に関するよくある質問]

    ここからは、岩波先生のDream Art Laboratoryのよくある質問についての、私なりの答えを出していきます。

    私自身の経験や先生から直接聞いたこと、仲間から聞いたこと、ネットで得た情報など加味して答えていきたい。

    Q.岩波英知先生は本を出していますか?

    出しています。『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』という著書です。
    読んだ感想は、まさに岩波イズムが載っていて、とても読み応えがある本です。
    プログラムを受けた人ならば、よくわかることが多いですが、受けたことがない人は難しいところもあります。
    特にトランス状態に入ったことがない人が本だけで理解することは困難かもしれません。
    通った人が読みまくって、深い意味を理解するのに使うのが一番いいと思います。

    この本の内容が頭にダイレクトに入ってくるようだと、悩みが氷解するのも早いと思います。
    amazonなどでも本を買えます。
    国会図書館にも入っています。
    大きな書店なら置いてあるかもしれません。
    あとは、事務所でも本をおいており、買えるそうです。

    なお本の帯には『世紀の鬼才 脳の魔術師岩波が遂に出す脳覚醒哲学!』と書かれてあります。
    悩んでいる人から、成功をしたい人まで、いや成功した人こそ読んだほうがいい本だと思います。

    これほどためになる本を私は未だかつて読んだことはありません。
    それは実際に岩波先生の薫陶を受けたことだからとも言えますが、人類必携の書にしたい一冊です。
    難しいところも理解しづらいところもあるけれど、多くの通っている人がバイブルにしているようですね。


    nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    岩波プレゼンツ神経症克服プログラム その感動のドラマ [私のうつ病体験記、克服体験談]

    岩波先生は凄腕と言われるだけあって、集団でプログラムを行っている。
    一般の常識で言えば、一対一が基本だが(私が通った催眠療法もそうだった)、一気に集団で通っている人の心の重荷を軽く出来るのだから、それが凄い

    では、一人一人悩みも事情も目的も違うのに、どうして一緒にやらなくてはいけないのか?
    これは私も思った。
    だが、結局、悩みはそれぞれの無意識の世界にあるわけで、一人一人同時に先生は処理できるのだ。
    深いトランス状態や脳覚醒状態に入れることで、それぞれの無意識の自分と対話させる。
    それは主観の世界だから、他者が入り込まない。
    だから、集団でも、いや集団だからこそ、一括して処理できるのだ。

    また、催眠療法経験者として言わせてもらうと、腕が大した事がない施術者は、催眠に誘導できないことを人に見られたくない。
    参加している人がかかっていないことが知られると評判が悪いし、参加者も白けて、被暗示性が落ちてしまうからだ。
    もしくはサクラを用意するしかない。
    やらせでしか集団を扱えないのがプロと言われているレベルなのだ。

    だから、集団で暗示をかけることが出来る岩波先生の凄さが際立つ。
    もちろんサクラもヤラセも一切ないし、ぶっつけ本番だ。
    でも、みんなかかる。
    暗示のレベルによっては、かからない人もいるが、ほどなく高度な暗示レベルにも反応していく。

    また集団の特性として、集団で暗示にかかりやすい雰囲気となっていく。
    私も経験したが、一人が感情の深い世界に入って、ドラマティックなくらい抑圧処理をしたり、感情が出てきたり、暗示にかかるようになると、それが保証となり、自分にもかかる自信がつく

    集団の環境自体が、暗示となって、一人深い暗示にかかることを見ると、別の人も暗示に反応していく。
    その相乗効果で、一般レベルではありえない高度なプログラムになっていく。

    ここで一つ言っておきたいのは、岩波先生は非常に魅力的で面白いということ。
    プログラムの雰囲気は、緊張している人もいるけれど、基本楽しい。
    だから異様な場所ではない。
    どちらかといえばアットホームな明るい雰囲気だ。

    だが、深い脳覚醒状態時には、すごいドラマが起きる。
    人の人生をまざまざを見ることが出来る。
    見ると言っても、プライバシーの事細かがわかるのではなく、どれだけ自分を抑圧してきたか、必死で努力してきたか、それが感覚として認知できるという意味だ。

    それはすごく感動的だ。
    そして、辛く苦しい思いをしてきた人が、その場ですごく解放感を得て、心の安堵感を得て、すっきりして、自信を持った顔になっているのを目の当たりにすると、それがモチベーションになる。

    また私がそうなった時、他の人にいいイメージを与えることができれば嬉しく思う。
    感動と衝撃のドラマ、これは確実にあの場の中で起きます。
    そして、自分の心のなかにも同じことが起きる、それが岩波英知という男の創りだす、極上の無意識世界です。

    だから効果が他のところよりも段違いなのだ。


     カテゴリ

  • 私のうつ病体験記、克服体験談
  • 最初に読んでください【ブログの趣旨】
  • 岩波英知・Dream Art・DAL関連
  • 覚醒瞑想、脳覚醒プログラム体験記
  • 対人恐怖、視線恐怖系体験記
  • うつ病系克服体験記
  • 岩波先生に関するよくある質問

  • nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    うつ病の原因と抑圧を破壊 神経症克服プログラム体験記 [私のうつ病体験記、克服体験談]

    私は毎日3時間トランス呼吸法や脳ストレッチをやり続けた。
    本来真面目だったが、集中力は時々切れながらも、何とかプログラムの回までへこたれずやり続けた。
    その成果はすぐに出た。

    明らかに初回のときの脳覚醒状態と二回目、三回目、四回目の状態と違っていたからだ。
    ただの違いではない。やるごとに何百倍もの体感が増している
    これはつまり脳のもっとも深い位置が刺激されてきている。
    しかも怖くない。
    恍惚感も余韻もすごかった。
    時間的観念も日数単位から年単位に感じられるようになった。

    それぐらいトランスが深まると、無意識の処理が可能になる。
    私が初回見たような感情の抑圧の溜まりに溜まったものを抜き出すことが出来る。

    私は感情的発散タイプではないようで、トランスの余韻が強い時に、うつ病になった流れや原因、その時の辛さを思い浮かべるように岩波先生に指示された。
    その時、私の脳は奥底が開いており、不思議と雑念も自分の中で邪魔をしてくる理性もなく、うとうととしたすごく気持ちい状態でありながら、意識が強く変容している流れの中にいた。
    ずっと感じていたい、浸っていたい強い変性意識の中で、過去のことを思い浮かべたため、様々なことが直感でわかってきた。
    それは親のこと、親の教育、地域環境、私自身の思考、仕事でのストレス、融通の効かなさ、それらが次々と気づくようになっていった。

    悩んで当然と、通って克服した人が言う思考(受け入れの思考)に私もたどりつくことができた。
    悩んで当然だから、不思議と気持ちが楽になっていった。
    あれだけ治ろうともがきにもがいていた心とは対極の、穏やかな受容だった。
    私はこれだけうつ病になるための素材があって、それが積み重なって、現在まで来たのだから、うつ病にならないわけがない、という思考になれた。

    通う前から、ルーツ処理整理についての知識があったが、知識の世界ではなく、深い直感の世界で、私の半生を掴むことができたと思う。
    受けれることがこんなに楽だったとは!
    無意識の世界はすごい。
    だが、頭で受け入れようと思っても、感情は受け付けてくれない。
    だから、治らないのだが、人間は最も深い感情や感覚の世界に入った時、すんなり受け入れてくれる

    暗示もそうだった。
    私はプラス暗示を入れてくれるものだと最初は思っていたが、まずはマイナスの処理から始めたほうがいいらしい。
    実際に抑圧やルーツ破壊をしていった時に、岩波先生にプラス暗示を入れてもらったが、批判力は発動せず、ダイレクトに受け入れる自分がいた

    あれだけ努力、根性、集中力を発揮して、自分に必死で言い聞かせようとしていたのに、岩波先生誘導の脳覚醒状態時には、楽に努力と集中力が発揮できるのだ。
    根性の問題じゃない、もっと深い本能的なものから発するからこそ、人の悩みを変えることが出来る。
    逆に言えば、うつ病にかぎらず神経症は全てそうだと思うが、本能の世界で発症しているからこそ、どんな知恵を駆使しても治らないのだ。
    本能が悩みと絡みに絡み、悩むこと落ち込むことが本能の欲求ぐらい、自分の意識とずれてしまっている。
    バグを起こしてしまうから、何をやっても難しいのだ。

    本能の世界にある悩みなのだから、本能の世界、言い換えれば無意識の世界に自分が入って、対峙しなくてはいけない。
    対峙と言っても、闘うという意味ではなく、己とその人生を見つめるだけでいい。
    不思議と、悩みの種が、執着している対象が、スーッと消えていってくれる

    これは私だけの体感ではなく、話を聞くと良くなっている人はそういう感覚になっている人が多い。

    不思議なのだが、心の抑圧破壊をしていっただけで、特にプラス暗示を入れなくても、心が非常に楽になっている自分に気づいた。
    呪いのように私の無意識にこびりついていたものが、どこかにおさらばしてくれたような、気持ちの軽さだった。
    もしかしたら、人生で初めての心の軽さだったのかもしれない。

    どれだけ私は心の重さを感じて生きてきたのか?
    それが恒常化して、それがあたりまえだと思っていたことに私は戦慄を覚えた。
    これじゃあ、悩んで当たり前、気力が続かないの当たり前、いつか挫折するのも当然だと思った。

    人生はそういう気付きの連続なんだなと思った。
    私は本当に感動したし、岩波先生という存在を知ってよかったと思っている。
    理屈を超えた世界を提供して、非常に効果も与えてくれる先生に感謝の言葉もない

    岩波プレゼンツ神経症克服プログラム その感動のドラマ [私のうつ病体験記、克服体験談]


     カテゴリ

  • 私のうつ病体験記、克服体験談
  • 最初に読んでください【ブログの趣旨】
  • 岩波英知・Dream Art・DAL関連
  • 覚醒瞑想、脳覚醒プログラム体験記
  • 対人恐怖、視線恐怖系体験記
  • うつ病系克服体験記
  • 岩波先生に関するよくある質問

  • nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    神経症克服プログラムとの出会い 私にありえないことが起きた [私のうつ病体験記、克服体験談]

    ネット上で賛否両論の賛が圧倒的に多い、カリスマ心理脳内コンサルタント岩波というキーワードに目を引かれた。

    岩波英知先生の無意識の一番奥底にダイレクトに暗示を入れられる技術は最強だと書かれてあった。
    私も催眠療法を受けていたから、無意識についての知識や理論は一応知っていた。
    だが、無意識を感じることなど普段は不可能だし、催眠療法でも無理だった。

    ただし催眠療法をたくさん受けた人がこぞって、岩波先生は別格だ、すごい、天才すぎるという書き込みを読み、世の中にそんなすごい人がいるのかと思った。
    まあ、凄いの度合いがどれほどのものかはわからなかったが、とにかくカリスマであり鬼才だという評判に心惹かれた。

    うつ病の体験記を私は読み漁った。
    私と同じ親の教育、仕事でのストレス、遊びの少なさ、完璧主義的な頑張りなど似ている人がたくさんいた。
    この頃ようやく私も、鬱病はいきなり発症するものではなく、長い長い年月をかけて、遂に糸が切れたから発症したのだということに気づいた。

    たしかに私はうつ病になってもおかしくない経験をしてきたと思った。
    それは同じ体験者の経験談を読んだから、非常に納得がいった。
    何をやっても改善できず、呪いのせいぐらいに思っていた自分の狭い視野が情けなくなった。
    なるべくして発症していたのだ。

    岩波先生の神経症克服プログラムを受けようと思ったが、岩波の言葉・講演集がとても素晴らしかった
    納得することばかりで、また私が考えもしなかった発想も書かれてあり、脳や無意識の怖さも知ることができ、目からうろこばかりだった。
    これで迷うことなく私はプログラムを受けようと決心した。

    Dream Art Laboratory(ドリームアート研究所)へメールを送り、岩波先生と話すことができた。
    あいにく先生は忙しいらしく、電話もそこそこで予約をとることになったが、通ってからがすごかった。
    すべてが驚きの連続で、信じられないことばかりだった。

    集団でプログラムを行っているが(少ない時で5名ほど、多い時は30名近く)、みんなサクラでヤラセに思えるほど、信じられないことばかりだった。
    私が通った催眠療法とはあまりにかけ離れていたためで、私が実際に体感するまでは、正直半信半疑だった。

    世の中には信じられない景色がある、世の中は広い、俺の経験は狭いと思った。
    そして決定的になったのは、自分が脳覚醒状態(トランス状態)に誘導してもらった時だ。
    他の人は、すごい反応をするし、抑圧が出ていたり、感情の世界に入って心が浄化していっていたり、プラス暗示が入ってすごくやる気に満ち溢れる顔になったり、それを私も出来るのか? それだけが心配だった。

    だが杞憂だった。さほど苦しくもなくすんなりと別世界にいっていた。
    意識が一瞬飛んだ後、私はすごく虚脱感とリラックス感が入り混じって、それに衝撃と驚きを加味したような感覚を味わっていた。
    時間も一瞬だが、私の体験した時間は3時間ほど眠っていたかのように感じた(のちのち一年や十年という感覚になっていくが)。

    相当ストレスが溜まっていたのだろう。その虚脱感は、私の抑圧そのものだと思った。
    岩波先生も、かなり力を込めて生きてきたことを指摘したが、私ははじめて実感として、自分の精一杯のぎりぎりの生き方が遂に限界が来ていたことを悟った。

    なお虚脱感もすごかったが、なにかすっきりしたものもあった。
    そのときはトランス後の余韻はとても短いものだったが、違う世界を味わい、岩波先生の技術の凄まじさを目の当たりにして、ここに来て私はようやく信じることができた。

    どうやらみんな驚き信じられないそうだ。
    しかし自分が体感すると、皆サクラだと思っていたが、そんなことはないと悟るそうだ。
    信じられないし、ありえないことが出来る岩波先生こそまさに鬼才中の鬼才だと私は思った。

    岩波先生は、その研究熱心ぶりは凄まじく、脳の深いところの回路がどうしたら覚醒するか、重い扉を開けられるか経験値と天才的な繊細な感覚で知っている
    信じられない、ありえないと思うのはこちらの考えで、岩波先生からしたら必然的なことなのだ。

    ただし私のうつ病に至るまでの心の抑圧は相当らしく、体も固く、家での訓練をやる必要があると言われた。
    他の人に話を聞くと、自分の人生の問題解決のために、それこそ寝る間を惜しんでやっている。

    私はこの頃根性も努力も発揮できない状態だったが、岩波先生の訓練だけはやってやろう、やりぬこうと誓った。
    三日坊主にならぬよう、ここでダメなら全てダメ、治ることはないと思ってやろうと決意した。
    私がどんなに努力してもうつ病を克服できなかったが、ここでなら大きな突破口が開ける、そんな予感はした。

    私が参加した回で、感情の抑圧処理をしていた人が数人いたが、『ここではドラマが起こる』というドリームアートのホームページのように、ドラマが起きていた。
    人生のドラマがあった。
    その人達の人生の流れが、感情の世界に入った時、私にはすべて分かった。
    どれだけ苦労して生きてきた、一生懸命克服を頑張ろうとして、それでもうまくいかない焦り、すべて悟ることが出来るぐらい、岩波先生の魔法で、無意識の抑圧が表に出ていた。

    私はすごく感動したと同時に、私にもこれだけのドラマがある、無意識の底にギュウギュウに抑圧している、それを処理しきれた時、私の新しい人生が始まるかもしれないと思った。
    これは根拠の無い直感だったが、正しいことは後々わかる。

    誰も好き好んで悩んでいない。
    悩みから抜け出すことができないのも、根性と気力の問題じゃない
    そうならざるをえない理由があるから発症し、抜け出せないだけのことだ。

    そのためには無意識をコントロールしなくてはいけない。
    私のやるべき道が見えた。
    岩波先生にかけてみようと本当に思えた
    ダメでもやってやる、そして結果を出す。
    そして新しい人生を歩んでやろうと。

    うつ病の原因と抑圧を破壊 神経症克服プログラム体験記 [私のうつ病体験記、克服体験談]へ続く


     カテゴリ

  • 私のうつ病体験記、克服体験談
  • 最初に読んでください【ブログの趣旨】
  • 岩波英知・Dream Art・DAL関連
  • 覚醒瞑想、脳覚醒プログラム体験記
  • 対人恐怖、視線恐怖系体験記
  • うつ病系克服体験記
  • 岩波先生に関するよくある質問

  • nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    私のうつ病体験談 うつ病発症原因と地獄と奇跡的出会い [私のうつ病体験記、克服体験談]

    岩波先生の心理脳内プログラムに通った人の体験記へのリンクを貼ってきたけれど、ここで自分のうつ病の体験記を書きたい。

    のりゆきは、九州のとある大都市で生まれた。
    岩波先生によると、悩みのメッカと言われる環境で生まれ育ったが、私の両親ともやはりその都市出身だった。

    その環境に加え、非常に保守的な家庭で両親とも生まれ育っており、その影響をモロに受けてしまったのが私であった。
    間違ったことは許さない、正しいことだけをする、人から後ろ指を指されない生き方を心がける、いつも礼儀正しく一生懸命で、遊びもかなり制限するような親だった。

    ここでお決まりの親は子供の為を思ってそれをしているという言葉が出てくるだろう。
    たしかにそうなのかもしれないが、子供の頃の私にとって、家は牢獄だった。
    自分を出してはいけない雰囲気だった。
    頑張っても褒められず、さらに頑張ることを求められる環境だった。
    こういった家の子供は将来うつ病になりやすいんだと思う。

    父親は大学教授で、学長にまでのちのち上り詰めた教育一筋人間だった。
    母親は主婦をしていたが、地域活動に熱心で、世間体をひどく気にしていた。
    彼女もまた一流の女子大学を出た才媛だった。
    趣味も少ないような両親に育てられた一人っ子の私はどんな影響を受けて育ったか、似たような環境の人はわかるかもしれない。

    男はこうあるべきというしつけの中で、私も後ろ指さされない存在になろうとした。
    親にそう教育されたこともあるが、私自身も人から高く評価されたい気持ちは強かった。
    いつか親に認められたい気持ちもあった。
    私は愛情に飢えていたのだ。

    愛って何か? いまなら感覚としてわかるが、子供の頃や中高生、いや大学生の時ですら、その意味がわからなかった。
    それもそのはず、離婚こそしなかったが、両親とも折り合いが悪いのかよく口論していた。
    お互いに尊敬していた風に私は全く思えなかった。

    もしかしたら親が離婚するかもしれないという恐怖と不安を感じて生きていたのだから、心の余裕が制限されてしまったのも無理はなかった。
    母親は人間関係が不得手な人で、地域活動で少しでも気に食わない人間がいると、私に愚痴をこぼす。
    それで心の平衡を保っていたのだろうが、私にとっては、人間は心を許してはいけない存在だと刷り込まれた

    父親は偉い地位にいたため、プライドが高く、上から目線で何事も決め付けるタイプだった。
    私は彼から一般の愛情を受けた記憶はなかったと思う。

    努力、根性、集中、この3つの重要性を刷り込まれた私は、もちろん実践していた。
    しかし、その緊張の糸が遂に切れた
    人間は根性だけで突っ走れるものではない。
    遊びが必要だと今はすごくよくわかる。
    遊びや楽しさが気力を充実させてくれるのだが、私には遊びを与えられなかったから、せいぜい社会人二年目までしか気力が続かなかった。

    努力、根性、集中、すべてが私から消え失せてしまった。
    商社で働いていたため、非常に激務だったが、その3つができなくなった私は、焦りに焦った。
    エンジンがどんどんプスプスっと音を立てて止って行くように、私の精神力も急に燃料切れしていった。

    だけど、やらなくてはいけない使命感だけはあった。
    だから余計苦しんだ。

    急に体も心もついてこなくなった。
    急激な失速に、私は焦った。
    何とかしようとするが、どんどん気持ちが焦るばかりで、それもストレスになっていった。

    そんなダメな自分になってしまったことに、今思えば恐ろしいことに、両親に申し訳がたたないと思った。
    目の目の仕事への集中力がなくなり、根性の力で乗り越えようとしてもモチベーションすら湧いてこなかった。
    なぜだ? 全く私には原因が考えられない。

    今でこそ岩波先生のプログラムを経て、はっきりと私がうつ病になっていくルーツがわかっているし、直感で気づけたところもある(それが脳覚醒技術のすごいところだ、悩みの原因を悟れる)。
    しかし、当時の私は、なぜ? なんで? どうして? の?マークだらけで、ますます私の頭は混乱していった。

    俺は努力をしなくちゃいけない立場なのに、どうしても心がついてこない
    これだけ自分に言い聞かせてくれるのに、頭じゃ本当によくわかっているのになぜだ!!

    私はイライラした、焦った、しかしどうすることもできない。
    体にも不調を感じ始めた。
    朝起きるのが辛い、仕事をしていてもすぐ疲れる、腰や背中、肩が異常に凝る。
    胃潰瘍にもなった。

    レントゲンを取ると、医者が顔をしかめるくらいただれていた。
    私は入院が必要になった。
    その後、帯状疱疹になった。
    これもストレスのなせる技だ。

    私の人生すべてがうまく行かなくなった。
    人間関係も苦痛になり、人を遠ざけるように。

    うつ病だということが次第にわかり、精神科へ通院し始めた。
    だが、両親には決して言わなかった。
    精神科にかかることは、人生の負け犬ぐらいに思うような親だからだ。
    私自身、そんな自分が惨めだったが、背に腹は代えられない。

    だが、うつ病が抗うつ薬で治る希望も打ち砕かれた。
    抗うつ薬がとにかく体に合わなかった。
    何度かSSRIを変えてもらったが、どれも合わない。
    副作用がきついだけだった。
    うつ病を余計こじらせてだけになって、ますます私は絶望の淵に追いやられることに。

    私は休職を考えた。
    仕事でミスが多くなり、取引先からもクレームが来て、私も居場所はなくなっていった。
    しかし、ここで休んだらおしまいだという狭い考えが、無理やり私を通勤へと追い立てた。
    毎朝苦しくてたまらなかったが、私の最後の意地だったのかもしれない。

    だが、この時のうつ症状が一番苦しかった。
    ヨガや瞑想にも手を出したが、一向に良くならないし、なにより実感が全くなく、こんなことをやっていてもうつ病が治るかというとそうではない。
    本も読んだ。
    何かに克服のヒントになればとたくさん読んだが、どれもうまくいかなかった。

    催眠療法にも通い始める。
    ここもうまくいかなかった。
    私は呪われているかもしれないぐらい考えるようになった。

    今となってはおかしな話だが、除霊をしにいったこともある。
    それぐらい私は追い詰められていた。

    このままでは人生が終わる、自殺するしかない、しかし親に申し訳ない、この狭間で私はもがき苦しんだ。
    そこで転機が訪れることになる。
    私にとって奇跡的な出会いだった。
    これが私の人生を大きく変えることになるし、子供時代からの私にケリをつけ、両親との因果にもけりをつけることになった出会いだった。

     神経症克服プログラムとの出会い 私にありえないことが起きた [私のうつ病体験記、克服体験談]へ続く


     カテゴリ

  • 私のうつ病体験記、克服体験談
  • 最初に読んでください【ブログの趣旨】
  • 岩波英知・Dream Art・DAL関連
  • 覚醒瞑想、脳覚醒プログラム体験記
  • 対人恐怖、視線恐怖系体験記
  • うつ病系克服体験記
  • 岩波先生に関するよくある質問

  • nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    うつ病とその夫、その妻と鬱病克服ブログ 妻から見たうつ病体験記 [うつ病系克服体験記]

    [次項有]更年期障害妻とうつ病夫の物語 うつ病・更年期障害克服ブログ

    鬱病は個人だけのものではなく、周りを巻き込む厄介な精神疾患です。
    とくに稼ぎ頭の存在がうつ病になった時、経済面での問題と悩みを発生させる。
    いくら夫を支えようとしても、鬱病の苦しさはなった人にしかわからない。
    そこにすれ違いが生じる。
    鬱病の永遠のテーマは、家族だと私は思います。
    妻から見た夫のうつ病闘病記です。
    岩波先生の神経症克服プログラム経験者のブログです。

    奥さん自らも過度のストレスとプレッシャーにより、更年期障害を悪化させ、自律神経失調症になったそうです。
    夫婦でプログラムを受けたそう。


    nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    不倒翁(おきあがりこぼし)うつ病からの再生 うつ病体験記 [うつ病系克服体験記]

    [次項有]不倒翁(おきあがりこぼし)うつ病からの再生

    会社内での派閥争いや人間関係でのストレスからうつ病になったヒロシさんの体験談。
    うつ病を発症すると、まともに勤めあげることが難しくなるにもかかわらず、それを乗り越えたヒロシさんの胆力に敬服してしまいます。
    生きていれば、どこにだってストレスやプレッシャーがあるけれど、それで潰れてしまう人、乗り越える人、その差はやはり生い立ちにあると思う。
    うつ病が一時的に寛解しても、生い立ちからくる悩みの元を消滅させない限り、一生うつ病の影に追い詰められていく。
    それはうつ病が治ったとはいえないと思う。
    今現在もうつ病を再発していないヒロシさんは、本当に根っこからうつ病を根治されたんだと思う。


    nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    世界最強の瞑想法はこの日本にあり! うつ病、覚醒瞑想体験記 [覚醒瞑想、脳覚醒プログラム体験記]

    [次項有]世界最強の瞑想法はこの日本にあり!

    brainsanの瞑想体験記。岩波先生の覚醒瞑想、脳覚醒プログラムを受けた感想です。
    劣等感、不安感、抑うつ状態を打破するべき座禅、瞑想をはじめ、ついに本物に出会ったそうです。
    世界最強というほど感動しているのがよく読み取れます。
    たしかに、あの絶対的な無意識の感覚というか、脳のすべてが迸る高揚感と心地よさは、他では一生味わえないこと。
    だからこそ、不可能だと思えるぐらい難しい、心の底の抑圧掃除ができる。
    体験した人は、トランス状態、覚醒瞑想状態の凄さを書いていますが、誰でも体験できてしまうから凄いと思います。
    一部の選ばれた人だけが味わえるものじゃない。
    岩波先生の偉業はそういうところにあると思う。


    nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    自己臭恐怖症、私という存在 《自臭症克服記》 自臭症体験記 [対人恐怖、視線恐怖系体験記]

    [次項有]自己臭恐怖症、私という存在 《自臭症克服記》

    対人恐怖症の一つといえる自己臭恐怖症の体験記です。
    臭いが周りに不快な思いを与えていて悩む神経症の症状です。
    これにより対人恐怖症がより悪化していったそうです。
    それでどれだけ一番大切な青春を失ったかわからないと言っています。
    神経症はすべての歯車を狂わせますね。


    nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    鬱病治ったどぉ うつ病関連体験記 [うつ病系克服体験記]

    [次項有]鬱病治ったどぉ

    エンジニアをしているはまぐぅさんのうつ病闘病記。
    うつ病についての話題やうつ病についてまわる厄介な問題、勃起不全(インポテンツ)についての体験記も書いています。
    男にとって重要な問題なので、勇気を持って書いてくれて、同じ悩みの人にとってとても励みなっていると思います。
    うつ病がよくなっている人は私を含めたくさんいます。
    読んで希望を持ってください。


    nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    海外うつ病からの治療・回復 うつ病体験記系ブログ [うつ病系克服体験記]

    [次項有]海外うつ病からの治療・回復

    遠く海外から岩波先生のいる東京、大阪まで通っていたキラさんのうつ病闘病記。
    私の知る限り、アメリカなどから多くの人が通っていましたが、その国の精神療法や治療に力不足を感じたとのこと。
    催眠の腕に関しても、あちらのレベルは(というよりも催眠の技術そのものが)低いそうです。これは日本も同じですが。
    海外生活でのストレスやプレッシャーから潰れて、先生に会うまでの闘病記です。


    nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    大うつ病からの回復と僕の生い立ち、そして雑感 うつ病系体験記 [うつ病系克服体験記]

    [次項有]大うつ病からの回復と僕の生い立ち、そして雑感

    元SEのうつ病体験記と克服の話です。
    抗うつ薬の功罪(どちらかというと罪の方)を書いています。
    頑張りたくても頑張れない苦しみを伴ううつ病は私も経験しています。
    それが現在では、ブログ主のサトウさんは素直に頑張れる状態にまで回復したようです。
    心の重荷がとれた解放感に浸っているようです。
    同じうつ病経験者として嬉しく思います。


    nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    神経症と親の責任考察サイト アダルトチルドレン系 [うつ病系克服体験記]

    [次項有]神経症と親の責任考察サイト

     アダルトチルドレンだったタッキーさんの考察サイト。
    毒親により、抑うつ神経症、うつ病になったその責任やケリのつけかたをアドバイスしています。
    神経症や心の複雑な問題は、親の影響がどの人も強く、それは私も例外ではありませんでした。
    アダルトチルドレンまで行かなくても、私は十分親から生きにくい呪いをかけられていた。
    ましてやその親の呪いが強い人ならば、一生影響下におかれてしまう。
    例え離れていようとも。

    ほんとうに怖い話です。


    nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    神経症克服プログラムとの出会い 神経症克服への道 対人恐怖症系体験記 [対人恐怖、視線恐怖系体験記]

    [次項有]神経症克服プログラムとの出会い 神経症克服への道

    神経症克服プログラムの体験記。対人恐怖、視線恐怖という神経症で苦しんできた管理人さんが、岩波先生との出会いで克服していく感動をブログに掲載しています。
    プログラムを受ける際のコツも掲載していますので、通っている人も参考になります。


    nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    神秘・魅惑の瞑想トランスへようこそ 覚醒瞑想系体験記 [覚醒瞑想、脳覚醒プログラム体験記]

    [次項有]神秘・魅惑の瞑想トランスへようこそ

    古都(京都、奈良?)のお坊さんの覚醒瞑想ブログ。
    岩波先生の指導を受けたそうです。
    岩波先生の脳覚醒技術は、瞑想をやっている人にとって非常に驚きを持って受け止められているようです
    まああの圧倒的な体感は、瞑想の何百倍もすごいものだし、やりこめばやりこむほど何十倍何百倍も深まっていく。
    一人で悶々と瞑想をやるよりもはるかに、岩波先生に誘導されたほうが簡単だし、劇的に効果が出る。
    その絶対的体感のすごさをお坊さんの立場から書いています。


    nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    Dream Art Laboratory/DAL 岩波英知先生の研究所 紹介 [岩波英知・Dream Art・DAL関連]

    [次項有]一般向け心理脳内プログラム 岩波英知プレゼンツDream Art Laboratory

    こちらは一般の人向けの心理脳内プログラム。

    内容は

    脳覚醒プログラム
    神経症克服プログラム
    あがり症克服プログラム
    不登校支援プログラム
    スポーツメンタルトレーニング
    メンタル強化プログラム
    会話の格闘術

    以上のプログラムが有ります。


    [次項有] DAL 上級特別層向け脳覚醒プログラム

    こちらは上級特別層と言われる経営者や有名人、芸能人、プロスポーツ選手、医者むけのプログラム。

    内容は
    覚醒瞑想
    芸能人専用脳覚醒プログラム
    経営者、二代目社長専門脳覚醒プログラム
    脳覚醒哲学
    一流アスリート専門脳覚醒プログラム
    上級特別層向け家族支援プログラム
    芸術家専門脳覚醒プログラム
    医師専門脳覚醒プログラム
    などがあります。


    [次項有]岩波英知の言葉・講演集

    心理脳内コンサルタント岩波先生による言葉・講演集。
    脳や人間心理や無意識の話から、どう生きるべきか、悩みを克服するにはどうしたらいいのかなど書かれてあります。
    とても良いことが書かれてあります。
    通ったらもっと理解が進むと思いますが、単に読み物としても面白く新鮮なことばかり。


    nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    ブログ『脳の魔術師 岩波英知の噂と感想』の紹介及びご挨拶 [最初に読んでください【ブログの趣旨】]

    人によっては、日本一の天才心理脳内コンサルタントと評価する岩波英知という存在がいる。

    日本一ではなく、世界一すごいと仰る人も多い。その証拠に世界中で心理療法やカウンセリングや病院にかかった人が、最終的に岩波先生のもとを訪れているのだから、世界を経験していない人でもそう評したくなるのもわかる。

    実際に主観的な体感だけれど、私も彼の『脳内・無意識訴求技術』により、日本一は言うまでもなく世界一凄い人なんだなと直に思わせるだけの経験をした。

    絶対的な体感、究極の体感とも言えるが、さらにやればやるほど、脳覚醒状態と言われる超意識が変容した状態が進化していく。

    ここまで脳の奇跡の扉を開かせるスイッチがどこにあるのか、どうしたらできるのか感覚で会得している人はいない、と思う。鬼才という形容がピッタリの人だ。そしてまさに”脳の魔術師”である。

    少なくとも日本に並ぶものはないほどずば抜けた存在だった。

    最初は信じられない。受けた人ならば納得する話しであるが、私自身受ける前は半信半疑だった。

    信じたいが裏切られたらどうしようという思いがあった。

    眉唾だとも思ったし、とらえどころがない心の内面の問題なだけに、受けていないのに真実だと断定するには疑念があった。

    それは、このブログを読んでいる人も同じ思いだろうし、中には疑り深い人や他のところで裏切られてきた猜疑心が強くなった人ならば、やらせだのサクラだの誇張だの思うだろう。

    だからこそ、このブログを作ったといえる。

    まあ、体験すれば岩波英知という存在がどれだけ世の中に役だっているのか、どれだけの人が救われているのか、どれだけの人が感動しているのかすぐわかる。

    一般向けの心理脳内プログラム、脳覚醒プログラムは集団で行われているため、岩波先生の高度な技術(洗練されているのか、ちょっと荒っぽい技術なのか判断が難しい。)で、無意識から心が浄化されている人を見たら、ヤラセと思うか驚くかどちらかだろう。

    すぐわからなくても、最初は戸惑ったとしても、訓練をしていけば近いうちに人生最高の脳内体験、感動体験が出来るし、その効果は絶大だった。

    私は今は岩波先生を信じられる。だが、信じろとはいえない。実際に通わなければ信じることなんて不可能だからだ。

    だからこそ、このブログを役立てて欲しい。

    私の体験した感想を書いていき、他の人の体験や評価を引用していこうと思う。
    当ブログ管理人 のりゆき


    nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。