So-net無料ブログ作成

岩波プレゼンツ神経症克服プログラム その感動のドラマ [私のうつ病体験記、克服体験談]

岩波先生は凄腕と言われるだけあって、集団でプログラムを行っている。
一般の常識で言えば、一対一が基本だが(私が通った催眠療法もそうだった)、一気に集団で通っている人の心の重荷を軽く出来るのだから、それが凄い

では、一人一人悩みも事情も目的も違うのに、どうして一緒にやらなくてはいけないのか?
これは私も思った。
だが、結局、悩みはそれぞれの無意識の世界にあるわけで、一人一人同時に先生は処理できるのだ。
深いトランス状態や脳覚醒状態に入れることで、それぞれの無意識の自分と対話させる。
それは主観の世界だから、他者が入り込まない。
だから、集団でも、いや集団だからこそ、一括して処理できるのだ。

また、催眠療法経験者として言わせてもらうと、腕が大した事がない施術者は、催眠に誘導できないことを人に見られたくない。
参加している人がかかっていないことが知られると評判が悪いし、参加者も白けて、被暗示性が落ちてしまうからだ。
もしくはサクラを用意するしかない。
やらせでしか集団を扱えないのがプロと言われているレベルなのだ。

だから、集団で暗示をかけることが出来る岩波先生の凄さが際立つ。
もちろんサクラもヤラセも一切ないし、ぶっつけ本番だ。
でも、みんなかかる。
暗示のレベルによっては、かからない人もいるが、ほどなく高度な暗示レベルにも反応していく。

また集団の特性として、集団で暗示にかかりやすい雰囲気となっていく。
私も経験したが、一人が感情の深い世界に入って、ドラマティックなくらい抑圧処理をしたり、感情が出てきたり、暗示にかかるようになると、それが保証となり、自分にもかかる自信がつく

集団の環境自体が、暗示となって、一人深い暗示にかかることを見ると、別の人も暗示に反応していく。
その相乗効果で、一般レベルではありえない高度なプログラムになっていく。

ここで一つ言っておきたいのは、岩波先生は非常に魅力的で面白いということ。
プログラムの雰囲気は、緊張している人もいるけれど、基本楽しい。
だから異様な場所ではない。
どちらかといえばアットホームな明るい雰囲気だ。

だが、深い脳覚醒状態時には、すごいドラマが起きる。
人の人生をまざまざを見ることが出来る。
見ると言っても、プライバシーの事細かがわかるのではなく、どれだけ自分を抑圧してきたか、必死で努力してきたか、それが感覚として認知できるという意味だ。

それはすごく感動的だ。
そして、辛く苦しい思いをしてきた人が、その場ですごく解放感を得て、心の安堵感を得て、すっきりして、自信を持った顔になっているのを目の当たりにすると、それがモチベーションになる。

また私がそうなった時、他の人にいいイメージを与えることができれば嬉しく思う。
感動と衝撃のドラマ、これは確実にあの場の中で起きます。
そして、自分の心のなかにも同じことが起きる、それが岩波英知という男の創りだす、極上の無意識世界です。

だから効果が他のところよりも段違いなのだ。


 カテゴリ

  • 私のうつ病体験記、克服体験談
  • 最初に読んでください【ブログの趣旨】
  • 岩波英知・Dream Art・DAL関連
  • 覚醒瞑想、脳覚醒プログラム体験記
  • 対人恐怖、視線恐怖系体験記
  • うつ病系克服体験記
  • 岩波先生に関するよくある質問

  • nice!(0)  コメント(0) 
    共通テーマ:健康

    nice! 0

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。